新着情報News info

ピーリングの美肌効果がすごい!①


なんだかお肌がゴワゴワする。
メイクがどうもしっくりいかない。ノリが悪い。
そんな違和感を覚えたら、ぜひ試してほしいのが「ピーリング」です。
ピーリングは、言うなればお肌のクリーニング。
お肌の上の不要なものを取り除くことでつるつるのたまご肌に生まれ変わらせる作業がピーリングなのです。
今回はなぜピーリングが必要なのか、お肌の角質とターンオーバーについて詳しくご紹介したいと思います。

 

 

赤ちゃん肌が蘇る!ピーリングって一体何?

 

肌を気にかけている女性の中には、ピーリングという言葉を聞いたことがある人も多いでしょう。
ピーリングとは、お肌の表面に溜まってしまった古い角質を取り除く作業です。

 

 

1.角質は日々生まれ変わっている

角質とは、お肌の一番外側の層のこと。
角質の役割は、身体にとって余分な水分や良くない刺激が

身体の中へ侵入しないように守ってくれることです。
この働きのおかげでお肌や身体の健康が守られています。
その角質はお肌の内側から生まれて、少しずつ表面へと上がってきます。
お肌の表面にあるのは最も古い角質です。
お肌のターンオーバーが正常に行われている状態では、古い角質は自然と剥がれ落ち、
新しい角質と順番に入れ替わるサイクルを日々繰り返しています。

 

 

2.なぜ古い角質が溜まってしまうの?

ターンオーバーとはお肌の新陳代謝のこと。
個人差はありますが、

年齢によりだいたい20日~90日くらいの一定の周期で古い角質は剥がれ落ち、
内側から生まれる新しい角質と入れ替わるサイクルを繰り返しています。
このターンオーバーのサイクルが乱れると、古い角質がきちんと剥がれ落ちることができず、
お肌の表面にいつまでも留まったままになってしまいます。
留まったままの角質があると、お肌が新しい角質を作る作業も滞ってしまいます。

 

 

3.ターンオーバーが乱れる原因は?

ターンオーバーが乱れる原因はさまざまですが、主な理由は次のようなものです。

 

・食生活の乱れ(栄養の偏り、暴飲暴食など)
・生活習慣の乱れ(睡眠不足、不規則な生活など)
・ホルモンバランスの乱れ
・ストレス
・肌への強すぎる刺激(摩擦、乾燥、肌荒れなど)

 

こうした要因があると、肌細胞が生まれ変わる働きを邪魔してしまい、
古い角質を肌表面に溜め込む原因となってしまいます。
また加齢による代謝の変化も大きな原因の1つです。
年齢を重ねることで皮膚の機能は少しずつ勢いを失っていきます。
ターンオーバーのサイクルにかかる時間は、年を重ねるごとに少しずつ長くなっていくのです。
ターンオーバーの周期は、10代のときは約20日、

20代なら約28日で新しい角質に生まれ変わっていたものが、
30代では約40日、40代では約55日…と、長くかかるようになってきます。
年齢を重ねるほど傷の治りが遅くなり、シミやシワが増えてくるのも、このためなのですね。

 

 

4.古い角質はこんなトラブルの原因に

古い角質がお肌の表面に溜まりすぎてしまうと、次のようなトラブルを引き起こすことがあります。

 

・肌のごわつき
・乾燥
・くすみ
・毛穴の開き・黒ずみ
・ニキビ、ニキビ跡
・シミ
・たるみ
・シワ など

 

これらはお肌にとってトラブルであると同時に、ターンオーバーに悪影響を与える悪い刺激でもあります。
悪い刺激を受けたお肌はまたターンオーバーのサイクルを乱れさせ、さらなる肌トラブルを引き起こす…
という、悪循環に陥ってしまうのです。

 

 

5.そんなときには「ピーリング」が効果的!

そんな悪循環を断ち切り、ターンオーバーのサイクルを正常化するお手伝いをしてくれるのが

「ピーリング」という作業です。
ピーリングで古い角質を取り除くことで、肌のターンオーバーをより正常な周期に戻し、

肌トラブルを予防・改善に導くことができます。
「最近メイクののりが悪いなぁ」
「若いときとは違う肌トラブルが増えてきたなぁ」
…なんて感じたときには、トラブルの根本的な原因を取り除くのと同時に、

ピーリングも試してみてはいかがでしょうか♪
次回はピーリングの美肌効果が実際どんなものなのか詳しくご紹介いたします。

2020/03/13

page top